2012年11月16日金曜日

世界大会の写真!!!!

第5回世界伝統武術大会(安徽省黄山市)

WIMA総合成績

【大会1日目】
午前 太極拳C組 『銅メダル』=山中理恵、丹羽麻裕、 4位=木村彩
午後 太極扇D組 『銅メダル』=石井まゆみ

【大会2日目】
午前 太極剣C組 『銅メダル』=木村彩、 4位=山中理恵
午後 太極拳D組 『銅メダル』=石井まゆみ、和田留美子、 4位=平井恵美

【大会3日目】
午後 集団演武 『銅メダル』=WIMA6人(山中理恵、平井恵美、石井まゆみ、和田留美子、丹羽麻裕、木村彩)

(※C組、D組は年齢別のカテゴリーのこと。)

合計すると、WIMAは6人で、銅メダル7個を獲得しました!

日本で応援をしてくれていた、みなさん、ほんとうにありがとうございました!

比較のために他国の成績を挙げると、 31人参加したフランス代表団は、獲得メダル9個(銀1個、銅8個)でした。
ということは、WIMA単独チームだけでメダル7個獲得は、一国の代表団のメダル獲得数に迫る勢いということですね!

WIMAの今回の大会でのモットーは、「打倒他国チーム&目指せメダル!」では全然なくて、
「武当文化を体現する」でした。

わかりやすく言うと、自分たちがふだんお稽古していることをお見せする、です。

うちのチームは、もともと、大会を目指してお稽古をしているわけではなく、武当山の文化のひとつである養生法である武術を稽古しています。その証拠に、国内大会には一切出場しません。

ただ、2年に一度の世界大会に出場することには特別な意味あいがあるのです。

まず、世界の人々に出会いにいく&見聞を広めるというアドベンチャー的な要素と、舞台度胸をつける、非日常の経験をして感覚を広げる、ということにあります。

足がどれだけ高く上がるか、とか、どれだけ高く跳躍できるか、は我々の目指すところではありません。
だからこそ、武当山の文化を、師匠からふだん習っていることを思い出しながら、お稽古の集大成を世界の人々の前で披露する心意気で臨みました。

それが、結果としてメダルにつながったのですから、これほどうれしいことはありません。
今回の大会に出場したことで、総勢92名の日本代表団の他のチームに方々にも、
武当式の武術がどんどん認知されていっていることにも、大きな喜びを覚えました。


大会に参加したみんなのカメラの写真をぜんぶ集めて、編集作業を終えたので、
ここに公開します!

どうぞたのしんでくださいね。

デュボワ団長が、ご案内します!







団体の演武を終えた瞬間、観客から自然と拍手が出ました!それが一番、うれしかったです。

武当山のYuan師父(左)と、湖北省政府の4年来の友人、費さん(右)武当山の武術学校担当副局長。

usチームのJustin.中国語が堪能なカンフーマスター。


杭州の街にて。黄山市行きの長距離バスに乗り込む前。地図を頼りに、地理把握中。


山水画のモチーフになっている、世界的に有名な山。









世界大会開会&閉会式
http://www.flickr.com/x/t/0091009/gp/dproject/5944V8/

世界大会本番とバックステージの様子
http://www.flickr.com/x/t/0099009/gp/dproject/d0GQ3S/

世界大会中の日常風景
http://www.flickr.com/x/t/0098009/gp/dproject/93A74q/  

世界大会への行きと帰り道の様子
http://www.flickr.com/x/t/0092009/gp/dproject/6a15bt/

世界大会最終日:黄山観光(世界遺産)
http://www.flickr.com/x/t/0096009/gp/dproject/T0k7Z9/








 秋合宿の参加者、募集開始しました!


本格的な寒さがやってくる前の、最後のアウトドア企画です。
どうぞ、ふるっとご参加ください♪
親子参加、初心者、日帰り、すべてOKです!
まずは、お気軽にご相談ください。
くわしくは、こちら♪
 
担当:木村
070-5459-2246

 


2012年11月11日日曜日

世界大会の結果報告!

安徽省黄山市で開催中の世界大会に出場中の、木村です。

大会は今日で無事に終了して、さきほど、市の大劇場で豪勢な
閉会式に参加してきました。

もお、今回の大会は凄かったですよ。

なんと、WIMAは総計で7個のメダルを獲得しました!
ぜんぶ銅メダルなのですが、6人の選手で参加して、銅メダルを7つ
も獲ってしまうとは、凄い!
と世界中の団体のコーチから褒められしたよ。

詳しい成績は以下のとおりです:

【大会1日目】

午前 太極拳C組 『銅メダル』=山中理恵、丹羽麻裕、 4位=木村彩

午後 太極扇D組 『銅メダル』=石井まゆみ

【大会2日目】

午前 太極剣C組 『銅メダル』=木村彩、 4位=山中理恵

午後 太極拳D組 『銅メダル』=石井まゆみ、和田留美子、 4位=平井恵美

【大会3日目】

午後 集団演武 『銅メダル』=WIMA6人(山中理恵、平井恵美、石井まゆみ、和田留美子、丹羽麻裕、木村彩)

※C組、D組は年齢別のカテゴリーのこと


解説をすると、1日目の太極拳は、もっと上位スコアに食い込めたはず!という感想が
他国のコーチや国際武術連盟の一部から出ていました。
意外と点数が厳しかったことに、不満を呈してくれた人が多かったので、
それだけの方に、我々の太極拳が響いたというのは、とてもうれしいですね。

また、集団演武は、世界中から18グループが出場した中で見事、銅を射止めました!!!
衣装も武当式の伝統的なもので(写真は、またそのうち)
赤い薄衣を白い漢服の上に羽織っていたのですが、
それが青のカーペットに映えて、ほんとうにきれいでした。
(選手控え室でも、WIMAの衣装が、一番、人気でした。)

演武を終えた瞬間、観客席からはじめて自然に拍手が沸き起こったので、
びっくりしてしまいました。
そして、スコアが表示された瞬間、みんなの「もっと高得点にしろ~!」という
ブーイングも、ほんとうにうれしかったです。

もうそれだけで、やって良かったと思いました。

武当山の明月師父も言っていましたが、
いい太極拳というのは、やっているひとも、見ているひとも
いっしょに気持ちよくならなくてはならない、ということなのですが、
今回の我々の太極拳は、まさに、そういうものになれたみたいです。

「見ていて、ほんとうに心地よかったよ」とベテランの日本人や外国人の
先生からもすごく褒められてしまいました。

WIMAは内家拳の教室なので、人に見せる表演というカテゴリーは
やらないのですが、みんなでアドベンチャーに出てみよう、世界のひとと
武術を楽しもうという意義のもとに、今回の世界大会に出場したのです。

今回の選抜メンバーは、たった3日間で、世界の価値観がひっくり
返るほどの大きな経験をしたと思います。

あすは、一日中、黄山観光(世界遺産)です!
ずっと曇ったり雨だったのですが、あすは晴れるそうです。

それでは、また!!!!


[文責 木村]

2012年11月6日火曜日

世界大会へ、ふたたび!

こんばんは。
きょうは、師範のデュボワが書きます。

さて、6日より武術の世界大会に向けて、
中国安徽省黄山市に向けて出発します。

WIMA(武当式の武術教室)からも、
6名の選手が 日本代表団に登録されています。

今回は、女性ばかりなので、誰かが「なでしこジャパンだ!」
と言ってましたが(笑)

僕はコーチです。




ウェアはadidasです。













伝統中国武術の世界大会は、オリンピック委員会の組織下で開催される、
2年に一度の大きな大会です。

世界92ヶ国、2,000人のアスリート達が集まる、一大イベントです。
前回は、僕らにとって馴染みのある武当山(世界遺産)で2010年に開催されました。



2010年大会開会式の様子!




↑2010年のWIMAチーム。
スタジアムの人数のすごさに圧倒されました。

今回は、同じく世界遺産で、中国有数の景勝地、黄山市です。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E5%B1%B1%E5%B8%82

この大会に出場するために、選手は何ヶ月も前から、
仕事の合間をぬって特訓を重ねてきました。

チーム写真は、きのうの朝稽古の前に撮影したばかりです。

撮ってしまえば、ただの「いい写真」なのですが、
ここに至るまでには、それぞれにいろいろな物語や、紆余曲折が詰まっています。

故障、アクシデント、孤独、絶不調、などなど。
出場すると決めてから今日まであいだに、驚くほどの出来事が詰まっています。

今回のWIMAの出場種目は、太極拳のほかに、剣や扇もあります。
前回2年前に比べて、格段に出場種目が増えました。

できるだけのことはやりました。

あとは、元気に出発して、大会そのものを楽しみつつ、
実力を発揮するまでです。

それでは、行ってきます!

【大会スケジュール】

7日        開会式
8日〜10日    大会
11日      閉会式

大会の様子は、WIMAのブログで逐次アップできたらと思います。
http://www.wimablog.com/











秋合宿の参加者、募集開始しました!

本格的な寒さがやってくる前の、最後のアウトドア企画です。
どうぞ、ふるっとご参加ください♪
親子参加、初心者、日帰り、すべてOKです!
まずは、お気軽にご相談ください。
くわしくは、こちら♪
 
担当:木村
070-5459-2246