WIMAの成り立ち


200927日に、中国の武当山での修行から帰国してまもない
フランソワ・デュボワによって、設立されました。
※Wudangとは「武当」の中国語読み。






デュボワが修行を積んだ武当道教功夫学院
(武当山の第一道観「紫霄宮」に従属する武術学院)の劉漢賓学院長より、
 WIMAを本学院の日本校とする認可が下ります。

これが、日本道教功夫学院の誕生のきっかけです。






同年6月、フランソワ・デュボワは、ふたたび武当山の学院に戻り、
劉学院長と李師父の監督のもと、日本校向けのカリキュラム作りと実技指導に必須の、
師範資格試験に合格しました。





こうしてデュボワは、外国人としては学院史上初の、「武当内家拳国際継承者」の肩書きを
授与されたのです。

授与式(2009)

授与式(2009)

「武当内家拳国際継承者」



2010年、杜洪義新学院長との会談が設けられ、日本での武当内家拳のさらなる
普及活動における、WIMAの多大な役割に期待する旨を伝えられました。


杜新学院長と

武当山の武術学院を管轄する武術局の徐局長と(2008)

武当道教功夫学院公式HP



道教の聖地である武当山の文化の一端を、WIMAを通じて日本に紹介できることは、
たいへんうれしいことです。


武当山の重鎮、王医師と



初心者からベテランまで、どんなレベルの方にも喜ばれているカリキュラムには定評があります。

まずは、体をゆるめて、心の伸びをすることから覚えましょう。
どうぞ、いつでもお気軽に遊びにいらしてください。


南岩からの眺め

瞑想


武当山の象徴:山頂にある樹




中国の『武当道教功夫学院』について:

霄宮に従属する武当道教功夫学院は、後の国家主席である江沢民の命を受け
1999年に設立された、武当式武術を指導する武術学院第一号です。


江沢民(中央右)視察の様子

江沢民(中央左)視察の様子



デュボワの修行物語は、のちに講談社文庫から発売され、現在もロングセラーとして
たくさんの方から愛読されています。

 

 
 


Amazonカテゴリー・ランキングで、頻繁に「1位」を獲得しています。
ご愛読、ありがとうございます。
 
武当山の武術学院を管轄する武術局の徐局長に、書籍を進呈
 


 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿